ULTEGRA フロントハブ WH-6600-Fのグリスアップ 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > メンテ - ホイール、ハブ、フリー > ULTEGRA フロントハブ WH-6600-Fのグリスアップ

ULTEGRA フロントハブ WH-6600-Fのグリスアップ

ULTEGRA フロントハブ WH-6600-Fのオーバーホール(分解整備)です。
走行距離は1600kmです。
メンテナンスネタがまだまだ続きます。

17mmハブレンチを2つ使用してハブのロックナットをゆるめます。
WH-6600-F-1.jpg


プラスティックカバー、玉押しナット、ロックナットを外したところです。
プラスティックカバーはマイナスドライバーでこじれば簡単に外れます。
結構汚れてますね。
WH-6600-F-2.jpg

ディグリーザーで洗浄します。
WH-6600-F-3.jpg
上の2つはプラスティックカバーです。
ディグリーザーは直接かけずに拭く程度にします。
真ん中は左からハブ軸、玉押し、ワッシャ、ロックナットです。
ベアリングは左右各11個です。
ハブ軸の右から2cmくらいのところにシールド用リングがあります。
ハブ中央部の空洞にグリスが入らないようにするためのシールドです。

玉受けにデュラエースグリスをたっぷり塗ります。
WH-6600-F-4.jpg

グリスの上にめり込ますようにベアリングを並べていきます。
手がグリスでベトベトだったので写真を撮り忘れました・・

両側にベアリングを並べたらハブ軸を挿入します。
組み立て時は、ねじ固着防止のため、
ねじ山とワッシャにデュラエースグリスを塗ってください。
玉押し、ワッシャー、ロックリングの順に取り付けます。

玉あたり調整は(しつこいですが)
スルスルと抵抗無く回るのはだめです。
隙間ができてベアリングや玉受けがいびつに磨耗します。
ゴリゴリして抵抗があるのは締めすぎです。磨耗が早くなります。
軽くコリコリと反応はあるが抵抗が無い状態が最適です。
(反応が在るか無いか分からない状態ではなく、
コリコリの反応が明確な状態がお勧めです。
メーカ出荷時より少しきつめになりますがこの方が調整が簡単です。)

ロックナットを締めると玉あたりが締める前よりきつくなるので
若干ゆるめた状態からスタートするとうまくいきます。

実際には
ロックナットをゆるめた状態で
玉押しを軽く手でしめて玉あたりを決めて
(かすかにコリコリまたはスルスルの状態)
ロックナットを締めます。(この状態でコリコリであればOKです)
ゴリゴリになった場合は両側の玉押しをハブレンチで
緩める方向に回して調整する手もあります。 

調整のコツは以上です。
ハブは意外と丈夫なので何度でも納得するまでやり直してみてください。

今日使用したもの
・17mmハブレンチ × 2
・デュラエースグリス

ググるキーワード
・WH-6600-F filetype:pdf
・ハブ グリスアップ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中