シマノ シフトワイヤー交換とディレーラーの調整 - その3(フロントディレーラーの調整) 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > メンテ - ワイヤー交換 > シマノ シフトワイヤー交換とディレーラーの調整 - その3(フロントディレーラーの調整)

シマノ シフトワイヤー交換とディレーラーの調整 - その3(フロントディレーラーの調整)

リアを最大ギア、フロントをローギアにした状態で、
チェーンガイドプレートとチェーンの隙間が
0mmになるよう調整します。
クランクを手で軽く回した時に接触せずに、
実際に坂を上った時に接触するのが最適位置です。
Front_Derailleur_20090828-01.jpg Front_Derailleur_20090828-02.jpg
この調整は接触する状態で正常と考えてください。
逆に接触しないように調整すると
内側にチェーンが外れ易くなります。
調整ボルトを時計方向いっぱいに回した後
Front_Derailleur_20090828-03.jpg

インナーワイヤーを溝に添わせて
Front_Derailleur_20090828-04.jpg

ワイヤーの末端を引っ張りながら、固定します。
Front_Derailleur_20090828-05.jpg

ダウンチューブ下でワイヤーを引っ張って、初期伸びを取った後、
Front_Derailleur_20090828-06.jpg

再度ワイヤーの末端を引っ張りながら固定しなおします。

リアを最小ギア、フロントをトップギアにした状態で、
かつ、ダウンチューブ下でワイヤーを引っ張りながら
チェーンガイドプレートとチェーンの隙間が
0.5mmになるよう調整します。
クランクを手で軽く回した時に接触せずに、
実際の走行でも接触しないのが最適位置です。
Front_Derailleur_20090828-07.jpg Front_Derailleur_20090828-08.jpg
Front_Derailleur_20090828-09.jpg Front_Derailleur_20090828-10.jpg

そのあと、ワイアー調整ボルトで
チェーンガイドプレートとチェーンの隙間が
先ほど調整した0.5mm(外側いっぱい)になるよう調整します。
Front_Derailleur_20090828-11.jpg

ググるキーワード
・ご使用方法 RD-7800 filetype:pdf
・ご使用方法 FD-6600 filetype:pdf
・シマノ 工具 アクセサリー filetype:pdf
・shimano service parts filetype:pdf
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中

カテゴリ