TIME ATAC vs SHIMANO SPD ペダル比較 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > インプレ - シューズ、クリート > TIME ATAC vs SHIMANO SPD ペダル比較

TIME ATAC vs SHIMANO SPD ペダル比較

左:TIME ATAC XC2
右:SHIMANO XTR PD-M9000
Pedal_20180125-3.jpg Pedal_20180125-6.jpg
矢印の方向が前
囲った部分がバネで動く部分。

TIMEは前の金具が前方向に動く。
クリートの後ろが左右に動くことにより
前の金具が押されて外れる。
上下方向では外れない。
形状を見ての通り泥を抱え込んで詰まるような場所がない。
<=茨城シクロでの凍結泥コンディションの試走にてTIMEでもペダルがはまらなくなる事が判明。泥が付着凍結状態になると除去の手段無く先端は引っかかるが後ろをはめるのは容易ではない。短時間のレースでは問題ないと思うが、凍った泥は手ごわい。

SHIMANOは後ろの金具が後ろ方向に動く。
クリートのうしろが左右に動く方向に
外れるように作られているが、
かかとを上に激しく持ち上げると外れる。
落車の時に自然と外れてほしい人はこちらのペダルがいい。
前側金具の形状の為に泥をや石を抱え込んでクリートの装着時にじゃまになることがある。
<=実際ココに2回石がはまり込んだ。

左:TIME ATAC EASY CLEATS
右:SHIMANO SPD XTR CLEATS
Pedal_20180125-4.jpg Pedal_20180125-5.jpg
TIMEのクリートは左右位置調整はできない。
SHIMANOクリートは左右位置調整可能。
SHIMANOクリートは枠で囲った部分で分かるように外側に寄せて取り付けている。
<=私はこの調整が嫌い。クツとペダルの位置が一致しないのでペダルを嵌め損なう。

TIMEのペダルにクリートを嵌めた状態で左右にずらしてみた。
Pedal_20180125-1.jpg Pedal_20180125-2.jpg
クリートが勘合した状態で矢印のように左右にずらすことができる。
クリート側で位置が調整できなくても走行中に自然に丁度いい位置になる。

装着時の左右位置はコの字型の金具と、
クツ側の左右のソールで制限されているため
コツさえつかめば自然と嵌る位置にクリートが位置するようになっている。

SHIMANOのペダルにクリートを嵌めた状態で左右にずらしてみた。
(裏から見た図)
Pedal_20180125-8.jpg 
クリートの位置は自動的にセンタリングされる形状になっているため、
勘合した後のクリート位置は必ずペダルの中心になる。

ペダルを装着するときに少しずれて右から行っても左から行っても
必ず中心にて勘合する構造となっている。
Pedal_20180125-9.jpg Pedal_20180125-7.jpg
この形状のおかげで比較的ラフに足を持って行っても勘合できる。
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ
※こちらのモチベーションUPスイッチをポチッとお願いします
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中

カテゴリ