DURA-ACE CN-7900 10S チェーン + CS-7800 カセットスプロケット 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > 小物・工具 > DURA-ACE CN-7900 10S チェーン + CS-7800 カセットスプロケット

DURA-ACE CN-7900 10S チェーン + CS-7800 カセットスプロケット

峠用に12-27Tがほしくなったので
交換のついでに軽量化してみた。

購入したのは、
CS-7800 カセットスプロケット
maintenance_20090824-5.jpg

CN-7900 10S チェーン
maintenance_20090824-1.jpg

シマノコンポーネント 互換性表によると
両方ともULTEGRAと互換性があります。
ULTEGRA CS-6600 12-25T : 重量 246g
DURA-ACE CS-7800 12-27T : 重量 198g
48gの軽量化です。
maintenance_20090824-7.jpg maintenance_20090824-6.jpg
CS-7800のスプロケットを六角レンチで軽くたたくと
カキーンって固い音がします。

ULTEGRA CN-6600 : 重量 248g
DURA-ACE CN-7900 : 重量 237g
あれ?同じ長さなのに、たったの11g減ですか?
maintenance_20090824-2.jpg maintenance_20090824-3.jpg
CN-6700でも10gの軽量らしいので
単なる軽量化ではないようですね。
CN-7900は六角レンチで軽くたたくと固い音がします。
高強度の材質を使用した重量増加分を中空ピンで
軽量化したってことでしょうか。

念のため10リンクの長さを測っておきます。
maintenance_20090824-8.jpg
長さは107mmです。

CN-7900チェーンとウィッパーマン ConneXリンクの組み合わせで
銚子センチュリーコースを160km試走してみました。
上り坂でトルクをかけると、24TだけConneXリンク部分で
歯飛びします。ちょっと嫌な感じです。
maintenance_20090824-4.jpg
トルクをかけなければ歯飛びしないということは・・・
ちょっと慣らしをしてみましょう。
平地で24Tを使用してケイデンス90~110くらいで
30分くらい走行してみました。

その後の走行は問題なくスムーズです。
チェーンの材質が固いのでConneXリンク部分が
なじむのに少し時間がかかるようです。

後日気が付いたのですが、12-25Tから12-27Tに
変更するとリアディレーラのBテンションアジャストボルトの
調整が必要なようです。調整方法はそのうちレポートします。
チェーンは12T側でフリーとプーリーが
一直線に並ぶ長さでOKですので
長さの変更なしです。

ググるキーワード
・シマノコンポーネント 互換性表
・ロード 互換性チャート filetype:pdf
[ 2009/08/24 22:00 ] 小物・工具 | TB(0) | CM(3)
私はCycleOpsのPowertap用に105の12-25Tを買いました。
今日は取り付けです(^^;
[ 2009/08/27 19:38 ] [ 編集 ]
やっときましたか。
機会がありましたら私にも試させてください。
[ 2009/08/27 21:57 ] [ 編集 ]
>機会がありましたら私にも試させてください。

はい、いつでもどうぞ!

因みに105の12-25Tは実測したら246gで、ULTEGRAと殆ど同じですね。DURA-ACEと比較すると、全然質感が違って流石に値段なりです。
[ 2009/08/28 11:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中

カテゴリ