中華カーボン・ディスクロード(第三回) - 補修済みフレーム到着 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > 中華カーボン - ディスクロードFM079 > 中華カーボン・ディスクロード(第三回) - 補修済みフレーム到着

中華カーボン・ディスクロード(第三回) - 補修済みフレーム到着

表題の通り、フレームは交換ではなく補修となりました。
大きなサイズのフレームのため在庫が無く
もう一度作るとさらに2ヶ月かかるので補修にさせてくださいとのことです。

それでは開封。
箱がAVENGERロゴの箱になっています。
前より厳重に梱包されています。
HongHu_FM079_20170905-3.jpg HongHu_FM079_20170905-5.jpg

シリアル番号をチェックしましたが前と同じです。
HongHu_FM079_20170905-4.jpg

問題の箇所はきれいに補修されています。
HongHu_FM079_20170905-6.jpg

このフレームいくつかのパーツから作られている形跡があります。
ヘッドチューブとBBの内側に型番の刻印があります。
ヘッドチューブ内:FM-06958HT
HongHu_FM079_20170905-7.jpg

BB内:FM069-50-BB
HongHu_FM079_20170905-8.jpeg

さらに下の動画のチェーンステー内部に接着面が見えます。

つまり、ヘッド、BBは別パーツで作って、
その次にフロント三角を作成
その後にリア三角を接合
の順番で作っているように思われます。

BB部分は形成の順番の影響か小さなボイドがあります。
HongHu_FM079_20170905-1.jpg HongHu_FM079_20170905-2.jpg
BSAの場合はこの手のボイドは出来にくいのですが
BB86ですとBB端に行くに従って狭くなっているので
樹脂が入って行くきにくいのでしょう
この末端部分は直接力を受ける部分では無いと思いますので
直接的な影響は無いと思います。


こちらはフレーム内部を撮影した内視鏡動画です。

チェーンステー左側(エンドからブレーキパイプ穴まで)



チェーンステー左側(BBからブレーキパイプ穴まで)

途中に接合面の接着剤のはみ出しが見えます。

チェーンステー右側(エンドからBBまで)

バルーンの残りのようなものが見えますが、ここが接合面と思われます。

シートチューブ

内部はきれいです。

トップチューブ


ダウンチューブ

にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ
※こちらのモチベーションUPスイッチをポチッとお願いします
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中

カテゴリ