茨城シクロクロス講習会 - うぐいすの里 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > シクロクロス > 茨城シクロクロス講習会 - うぐいすの里

茨城シクロクロス講習会 - うぐいすの里

茨城シクロクロスの講習会に参加してきました。

朝9時集合。
Ibaraki_20170821-01.jpg
レースと違ってぴりぴりした感じは無く
マッタリー&ほのぼの~とした感じで集合。

ん?運動場の向こうに嫌なものが見えますね~
<=どMなシクロクロッサーにはにとっては好物か?
Ibaraki_20170821-02.jpg
本番ではこのコンクリート階段地獄と、林の中の土階段地獄があるらしいです。
膝がガクガクなって脳内麻薬が出そうなコースになりそうです。
楽しみですね。

開始前に佐複さんからシクロクロスでレベルを上げるための説明。
Ibaraki_20170821-03.jpg
1に努力2に努力、とにかくローラーでインターバルをやって
心肺を鍛えろ!
<=はい!その通りです!爆)

さあ講習会開始です。
まずは、ウォーミングアップにグラウンドランニング。
<=うげ~僕は走るのが一番苦手です。
Ibaraki_20170821-04.jpg

その後、午前中は芝の生えた運動場でスラーロームとオブスタクル(障害板)の練習。
Ibaraki_20170821-05.jpg
レーススピードでやってください!とな。
<=汗だくになりました。

そして午後はキャンバーの練習。
Ibaraki_20170821-06.jpg
キャンバーから滑って落下すると下のほうに50cmくらいのコンクリの段差あり。
落下すると背骨を圧迫骨折しそうです。
<=今年は骨折らないように気をつけます!
僕らのクラスは最初に走ったのでまだ草が生えていて
非常に走りやすい良いコンディション。
楽勝楽勝~

ちょっと急なキャンバーの後に激下りあり。
Ibaraki_20170821-07.jpg
落ちると肋骨折れそうな急坂です。
<=ショートカット厳禁!

ここで急坂下りと登りのコツの説明がありました。
下りはお尻をサドルの後ろでタイヤに座るよな感じで、
登りはケツにサドルの先端を突き刺せ!
<=この説明分かりやすい!ネタに頂き!

このあと実コースの下見に一週回ってみました。

グランドを抜けて
Ibaraki_20170821-08.jpg

階段担ぎ
<=何段あるんでしょうね~
Ibaraki_20170821-09.jpg

このあと林の中を下って
林の中の階段担ぎ!
Ibaraki_20170821-10.jpg
ローラーコースターの横を担ぎで上ります!

良いですね。シクロの醍醐味満載です。

下見は1周だけにして・・・
<=1っ回しか見ないのかい!


キャンバーに戻ってみると、
すでに草は無くなって泥むき出しの状態に。
Ibaraki_20170821-11.jpg
Ibaraki_20170821-12.jpg
Ibaraki_20170821-13.jpg
Ibaraki_20170821-14.jpg
4枚連続写真を撮りましたが、
僕も3回走ってみて・・
コケ!ボテコケ!ズルコケ!
擦り傷だらけになりました。

ううぅ。全く乗れない。
試しに担いで走ってみましたが見事に滑ってこけました。

本番はもう少し簡単になるそうですが・・・
このキャンバー手ごわすぎです。

機材で補うとすると、
1.ブロック高の大きなタイヤにするか・・・
2.どうせM3だから、いっそのこと40Cにしちゃう?
3.シューズのスパイクを長いのにするかぁ
<=おいおい。やっぱりテクじゃなくて機材かよ!
にほんブログ村 自転車ブログ シクロクロスへ
※こちらのモチベーションUPスイッチをポチッとお願いします
[ 2017/08/21 19:49 ] シクロクロス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中

カテゴリ