シューズのサイズとクリートの位置 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > インプレ - シューズ、クリート > シューズのサイズとクリートの位置

シューズのサイズとクリートの位置

今までShimano M089を使用していたのですが、
シクロクロス用にSPDのシューズを新しく購入しました。
Northwave scorpius 2 plus
SPD_20170714-1.jpg

M089はソールがグニャって感じでしたが
scorpius 2 plusはかっちりしています。

スタッズ(スパイク)の取り付けも出来ます。
SPD_20170714-2.jpg
幕張の忍者返しはスタッズ必須です。
<=これ自転車で登れない初心者のみですが。

今回の購入時にサイズは悩みました。
結局41サイズを買ってNG、
オクして42サイズを再購入。
<=出血価格でオクに出したので落札された方はラッキーです。

過去に使用したシューズはこんな感じ。
SIDI EU42.5(26.5mm)<=丁度良い(先が余っている、横幅一杯)
SHIMANO EU42E(26.5mm)<=これは丁度良い
スペシャ EU42.5(27.3mm)<=先が余っているがワイヤーを締めるとフィットする
Northwave EU41(26.6mm)<=先端当たって横も狭い。
Northwave EU42(27.3mm)<=丁度良い。
Northwave冬物ブーツ EU41(26.6mm)<=結構隙間がある。厚めの冬物靴下を履いて丁度良い。

意外と表示サイズは当てにならない。
靴って履いてみないと分からないものだなぁと痛感。


クリートの取り付け位置を決める為に
拇指球と小指球の位置を測定。
SPD_20170714-3.jpg
足の長さ:26cm
拇指球:19cm
小指球:16.5cm
<=うぇ!血管浮きまくりやん。おっさんの足なのでそこはゆるしてください。

靴の上から拇指球までの位置を測定してクリート位置を決める。
Shimano M089
拇指球:19.8cm
クリートセンターのセットバック:6mm
SPD_20170714-4.jpg SPD_20170714-5.jpg

scorpius 2 plus
拇指球:20.0cm
クリートセンターのセットバック:6mm
SPD_20170714-6.jpg SPD_20170714-7.jpg

スペシャのロードシューズ
拇指球:19.7cm
クリートセンターのセットバック:5~6mm
SPD_20170714-8.jpg SPD_20170714-9.jpg

いままで9年間拇指球の真下にクリートをつけていたのですが、
ふくらはぎに余計なストレスがかかるので、
教本どおりの位置、拇指球と小指球の間が良いようです。
膝痛の原因の一つはコレだったと思われます。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中

カテゴリ