シクロクロスに1:1ギア比投入その3 - XTRでテンション高め 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > メンテ - チェーンリング、スプロケット > シクロクロスに1:1ギア比投入その3 - XTRでテンション高め

シクロクロスに1:1ギア比投入その3 - XTRでテンション高め

チェーン落ち防止にはいくつか方法がある。
いずれもチェーンが暴れるのを抑えて外れるのを防止する。
1.フロントディレーラーをガイドに使う
2.バッシュガード
3.チェーンデバイスと呼ばれるガードをつける

で今回選択したのは、またまた禁断の組み合わせ、
4.チェーンのテンションを高くしてチェーンが暴れるのを防止する
9速XTRのディレーラを10速ロードと組み合わせて使用するのだ。

Shimano XTR RD-M972-GS Mountain Bike Rear Derailleur 9 Speed Medium Cage
重量:184グラム
XTR_20170124-1.jpg

しかし取り付けてからデメリットがあることが分かった。
テンションを高くするとギアチェンジがスムーズに出来ない。
特に36Tからのシフトダウンの時はチェーンがギアの上を
半周踊ってからガッチャンと落ちる感じ。
30分ほど最適箇所をさがして妥協点を見つけたが、所詮9速部品。
チェーン落ち防止と引き換えにギアチェンジがスムーズではなくなった。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中