ホイールスミス スポークプレップ 日本語取扱説明書 Wheelsmith SpokePrep Instructions (Japanese) 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > メンテ - 手組みホイール > ホイールスミス スポークプレップ 日本語取扱説明書 Wheelsmith SpokePrep Instructions (Japanese)

ホイールスミス スポークプレップ 日本語取扱説明書 Wheelsmith SpokePrep Instructions (Japanese)

ホイールスミス スポークプレップの取扱説明書を翻訳させていただきました。
適当に意訳したところがありますので、誤訳があるかもしれません。

SpokePrep_20160308-1.jpg
SpokePrep_20160308-2.jpg

注意

pH9のアンモニアを含有しています。
肌に直接かからないようにしてください。
乾燥中は十分な換気を行ってください。


救急処置方法

飲み込んだ場合:おちついて、救急医療処置を受けてください。
吸い込んだ場合:おちついて、すぐに外気で換気を行ってください。
肌にかかった場合:十分な流水で15分間流してください。
目に入った場合:すぐに十分な流水で15分間流してください。そのあとすぐに救急医療処置を受けてください。


使用方法

組み付け前に、スポークプレップは必ず乾燥させてください。

最良の結果を得るために使用方法を熟読してください。

1. 必要な場合は、有機溶剤または清浄液を使用してスポークの
ネジ部を「完全に洗浄してください」。ネジ部を乾燥させtください。
ネジ部の洗浄が不十分な場合、ニップルがねじ込まれたときにスポークプレップが剥がれ落ちます。
ホイールスミスのスポークの場合は、梱包前に完全に洗浄されていますのでこの作業は不要です。

2. スポークプレップを使用する前に、入れ物を振るか、良くかき混ぜるてください。

3. 溶液をスポークネジ部に塗るか、スポークネジ部を溶液に漬けます。
お勧めの方法は、5-6本のスポークをそろえて、溶液に先端からネジ部の1/3を漬けます。
溶液から出してスポークを指で回転させ、ネジ部の3/4にスポークプレップが付くようにします。
もし溶液をつけすぎた場合は、固いものの上でスポークの先端をトントンするとうまく取り除けます。
組み付け前に、スポークプレップは必ず乾燥させてください。
スポーク同士を接触させないように置いて、「完全に乾燥させて」から組み付けてください。

別の方法は、スポークのネジ部を突き出して並べます。スポークプレップを小さなブラシでネジ部に塗布します。
「完全に乾燥させて」から組み付けてください。

塗布量が正しいかはスポークプレップの乾燥後に確認できます。
理想的な量は、ネジ溝に塗布されているが、ねじ山がはっきりと見える状態です。
塗布しすぎた場合、組み付けの摩擦が増加しスポークがねじれる可能性があります。
スポークのねじれによりスポークのネジが破損したり、スポーク破断の原因となりる可能性があります。

4. ホイール組み立て作業時は、ニップルとリムの接触部に潤滑油を使用してください。


作業のこつ

スポークプレップは便利なようにオレンジとブルーの2色を用意しています。
リヤホイール組み付け時に2種類の長さのスポークを色分けしてしておくとスポークを間違うことがありません。

組み付け前にスポークプレップの状態を確認してみましょう。
適切に塗布されて乾燥されている場合、スポークがホイールに組みつけられた状態では、ニップルとの摩擦により指で締め付けることは困難です。
ところがスポークレンチで締めるときにはニップルは良く潤滑されているように感じるでしょう。
ホイールの組み付けスピードが上がり、ホイールの信頼性もよくなるでしょう。

もし、経年変化でスポークプレップが濃くなってしまった場合は、
数滴の水道水にて薄めてください。
使用しないときは容器の蓋を閉めてください。

もし組み付けたスポークを1本または数本を外すと、
スポークプレップがはがれる場合があります。
その場合、再度塗布するかどうか検討してください。
スポークプレップが少なすぎると効果がありません。
スポークプレップは組み付け前に必ず乾燥することを忘れないでください。

乾燥したスポークプレップを取り除く場合は、
熱いお湯に数分漬けた後、ブラシでこすってください。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中

カテゴリ