自作ホイール - 通勤自転車メンテの沼 (第一章準備その2) 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > メンテ - 手組みホイール > 自作ホイール - 通勤自転車メンテの沼 (第一章準備その2)

自作ホイール - 通勤自転車メンテの沼 (第一章準備その2)

まだまだ沼がつづく。

5.リムの選択肢は?
6.組み方は?ロクロク?ヨンロク?ラジアル?イタリアン?逆イタリアン?
7.任意長さのスポークの入手方法
8.スポークの長さってどう決めるの?

[5.リムの選択肢は?]
耐久性・入手しやすさでは
アヤラのノーマルリムが一押しです。
アラヤリム GP-710-L アルミリム 20×1.50 H/E 509-30009 アルミシルバー(36H)
実測重量:343g
wheel_20160126-01.jpg
エアロ形状はあきらめました。
価格アップしますし、英式バルブは長さ不足で使用できません。
仏式バルブしか使用できなくなります。

しかも、20インチは非常に選択肢が少なく
36Hではこのリム1択になります。

32Hにすると選択肢が増えますがハブのグレードが上がります。

[6.組み方は?ロクロク?ヨンロク?ラジアル?イタリアン?]
市販車のデフォルトはロクロクのイタリアン組みのようだ。
これは強度、耐久性を考えてのことだろう。

前輪はロードのようにラジアル組み
にしようと考えていたのですが、
ローコストのハブはフランジが短く
ラジアルに組みに対応していないらしい。
こちらがシマノの資料。
wheel_20160126-09.jpg

いろいろ考えたが・・・・
ラジアルとかヨンロクとか素人のくせに
難しいところにチャレンジするんじゃない!
ここは定石、定番だ!
と自分に言い聞かせて・・・
初めてのホイールなので両輪とも標準的な
ロクロクのイタリアン組みにしました。

[5.任意長さのスポークの入手方法]
スポークに標準の長さはありません。
ハブ・ホイール・組み方で変わります。
一般市販車の26インチはスポークは標準的なものがあります。
とろこが20インチ小径車は短すぎて標準品がありません。

CNスポークのノーマルステンレスであれば、
ヤフオクでサイズ指定の購入が可能です。
wheel_20160126-10.jpg
今回はコレにしました。
このスポークはノーマルステンレスなので
超強力ネオジウム磁石でもくっつきません。
wheelBuild2_20160131-01.jpg

ちなみにこちらはDT COMPETITION
wheelBuild2_20160131-02.jpg
磁石がくっつきます。

もし、スポークを切断してネジきりするならば、
こんな工具が必要になります。
・切断
King TTC ワイヤーロープカッター WC-200
wheel_20160126-11.jpg

・端面の平坦化
ベンチグラインダー
wheel_20160126-12.jpg

・ねじ切り
ホーザン(HOZAN) スポークネジ切り器 C-700
wheel_20160126-13.jpg

トータル1万7千円ってとこでしょうか。
ホイールがもう一本組めます。

[6.スポークの長さってどう決めるの?]
まず、スポーク長ですが、下の写真のように、
スポークの首のところから先端までです。
wheel_20160126-14.jpg
ハブフランジの厚みが約3mmですので、
厚み3mmの物差しがあれば正確に測れます。
(この物差しは厚み3mmです。)

スポーク長の計算ですが、
6個のパラメータが必要です。
1.N:スポークの本数
2.ERD:Effective rim diameter
ホイールスペックのERDは下の図のようにリムの
内側の径にリムの厚みを足した直径です。
wheel_20160126-15.jpg
Ayala GP-710-L 20x1.50 36Hの場合
ホイールスペックERDは392mm(実測も同じ)

リム内径の実測は針金をリム内径ぴったりになるまで
切ってみてそれを物差しで計りました。
wheel_20160126-16.jpg wheel_20160126-02.jpg

ところがニップルの飛び出し分があるので
この1.5mmを足すとスポーク長さ計算用ERDは
395mmになります。
wheel_20160126-03.jpg wheel_20160126-05.jpg
ニップルの飛び出し分は好みによりますが、
マイナス溝の底にスポークの先端が来る想定で
測定しています。
wheel_20160126-04.jpg

3.W:ハブのセンターからフランジまでの長さ
4.d:フランジの直径
5.スポーク穴の直径
3,4,5はハブから寸法を測ります。
wheel_20160126-06.jpg
正確に測るためには上のようにいろんな部分を測定して
つじつまが合っているか確認することをお勧めします。

今回使用したリムはニップルの穴がオフセットしています。
wheel_20160126-07.jpg
ニップルの穴がオフセットしている場合は
フランジのオフセットに換算します。
今回のRIMは外側に1.25mmオフセットしています。
フランジ側に近づく方向にニップルが1.25mmずれるということは
フランジが中心側に1.25mmずれるのと等価です。
そこで測定したWから1.25mm減算します。

6.交差数
スポーク同士がクロスしている数です。
ラジアン:0交差
4本組み:2交差
6本組み:3交差
となっています。

今回は通勤用ですので一般的な
ロクロク組み(3交差)イタリアン組みにしました。
下の写真が6本組み:3交差の数え方です。
rokuroku_20160129-2.jpg rokuroku_20160129-1.jpg
この写真はハンフリー側から撮った写真。

イタリアン組みは左右があるので注意が必要だ。
写真赤のヤマアラシ方向(後ろ向き)スポークは
フランジ外側から出ている。

ホイールを逆向きにするとヤマアラシ方向の
スポークがフランジ内側から出る。
これは逆イタリアン組みと呼ぶ。

さて全てのパラメータがそろったらこちらのWebから
計算用のExcelをダウンロードします。
Damon Rinard's free spoke length calculator
「SpocalcExpress」がお勧めです。
このExcelは最も基本的な計算式を使用していますので、
修正や変更も簡単です。
立方体の3平方の定理を使用しています。
(対角線=SQRT(縦^2 * 横^2 * 高さ^2 ))
表の途中計算のA,B,Cが3辺の長さです。

それで、最後に・・・
ここが重要です。

計算した値から1mm引いてください。
私はこれでぴったりの長さになりました・・・

何で1mm引いてぴったりになるのか疑問ですが、
a.スポークの伸び?
b.ホイールのたわみ?
c.スポークの首の部分が鋭角でないことによる測定誤差?
といろいろ考えてみましたが結論出ず。

こちらが計算結果です。
wheel_20160126-08.jpg
リム穴のオフセット分はWから減算してExcelに入力しています。
Excelの計算式はいじっていません。
左側の発注寸法の列は-1mmするよう自身で追加しました。

まだまだつづく
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中