のむラボホイール1号インプレ - 最強の練習・決戦ホイール 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > メンテ - ホイール、ハブ、フリー > のむラボホイール1号インプレ - 最強の練習・決戦ホイール

のむラボホイール1号インプレ - 最強の練習・決戦ホイール

注:
本記事は巧妙なステルスマーケティングの疑いがあります。
記事にはメーカーの完組みホイールより
のむラボの手組みホイールの方が性能が良いという
危険な思想が含まれます。
万が一記事の内容を信じてしまった場合は
思想警察に拿捕されるかもしれません。


どーん
nomurabo_20150823-1.jpg
届きました。
のむラボ店長ありがとうございます。
9月末の富士に使用したいとお願いしたところ、
来週の乗鞍に間に合うように送ってくれました。
しかも試走可能なように2週間前に。

さてと。まずはお願いした
蟹光線マーク。
nomurabo_20150823-2.jpg
描いてありますね。ありがとうございます。
あとで、保護用に透明フィルム張っておきますね。

えーと次は・・・
ホイールを指ではじいてみました。
パコーン
ん?なんか安っぽい音が。
軽量ホイール特有の音がします。
結構薄い。中は空洞ですね。

スポークを握ってみました。
ガッチンガッチンです。
こんなに強く張ったスポークを見たことがありません。
後輪は結線半田してあるので前輪よりもっとガチガチです。

では装着。
回してみると・・・
カリカリカリ・・・・
うるせー
多摩サイの人よけに最適です。

それでは試走。
nomurabo_20150823-3.jpg
ん?なんか軽く回してるのにスピード速い!

では、和田峠に登ってみます。

はい峠。
きょうのタイムは・・・
nomurabo_20150823-4.jpg nomurabo_20150823-5.jpg
23分30秒!\(◎o◎)/
自己ベストを1分30秒も更新!
10歳分一気にタイムを短縮した状態。
(というか今まで経験したことの無いタイムだよ!)
しかも先週接待で飲んで体重増加しているのに!
重いステンレスボトルも持ってるし。

今まで和田峠で使用したホイールは
Mavic Ksyrium SL チューブラー:1475g
Shimano WH-9000-C35-CL : 1488g
のむラボ1号:1449g

ん?重量そんなに変わってないのに何で?

まずは、Ksyrium SLとの比較。
踏んだ感じや路面からの応答は、Ksyrium SLの方が硬い。
つまり、剛性はKsyrium SLの方が上。

坂を登るときや、ストップ・ゴーはのむラボの方が軽い。
仮にホイールの重量が両者同じだとすると、のむラボはリムハイト
が35mmあるので重心がKsyrium SLより軸方向にある。
のむラボは慣性モーメントが小さいのだ。
和田峠は10%を越える激坂なので、
坂を登る時に軽く感じたのはコレなんだろう。

では、対Shimanoでこの違いはなんのだろう?
両者同じリムハイトで互角のはず。
平地走行時は、のむラボの方が若干硬質な感じがするが、
巡航速度は両者互角。
ところが坂になると圧倒的にのむラボの方が軽い。
うーん。考えられる理由は一つ。
Shimano C35はリムが重いのだ。
のむラボのリムは軽いのだ。

これ以外にものむラボホイールは
部品選別に特徴がある。
工業関係の仕事をしている人ならば理解できると思うが、
安く部品を納入して部品選別を行うことにより
コストを下げて精度を上げているのである。
対してメーカーは部品のばらつきを許容して
完成精度をゆるめに作るのである。
そのため、メーカーによっては
スポークテンションがゆるかったり
ホイールの振れやセンターズレがあったりする。
のむラボ店長が作るホイールは部品選別と
職人の腕で完成度を上げているのである。
(ブログの内容からの推察ではあるが)


ここまで読んだあなたは今すぐのむラボに電話だ。
注文の方法は簡単です。
のむラボ1号をください。店長のお勧めの構成で。


あれこんな時間に誰だろう。
書記長、おはよーございます!

おー、すげー、和田峠タイム、あっさり更新じゃないですか!!!
アッシも、のむラボホイール欲しい~。。。

すみません、乗鞍、DNSッス…
[ 2015/08/24 08:03 ] [ 編集 ]
会長こんばんは、
のむラボ1号では会長は速くならないですよ。
店長が言ってました。24Cの方がリムが軽いので。
5号がおすすめですかね。店長に聞いてみるといいかも。
[ 2015/08/24 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中