Ultrafire C3 Cree Q5 - 基板の修理 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > 改造 - ライト > Ultrafire C3 Cree Q5 - 基板の修理

Ultrafire C3 Cree Q5 - 基板の修理

Ultrafire C3 Cree Q5にTrustFire 14500 3.7Vを
使用してみると数分で焼き切れた。

新しい基板が3.7Vに対応していないのかな?
と思ってもとの基板に戻してみても同じく
数分で焼ききれる。

スイッチング用のFETが焼き切れているようです。
多分、昇圧タイプのDCDCを使用していて
3.7Vを入れると降圧しなければならないので
FETが過負荷になって焼ききれたものと思われます。

元の基板のスイッチング用FETはICに
内蔵なので修理不能。

新型基板はFETが外付けなのでこちらを
修理してみた。
ultrafireC3Q5_20120422.jpg
赤丸のFET2箇所を
SI2302DS (NXP Semiconductors)に交換すると
点灯するようになりました。

単三電池2本で使用することにしよう・・・

やっと届いたTrustFire 14500 3.7V
は使い道がなくなってしまった・・・

#2012/09/30
#単三電池2本で使用していたが、今度は左側のダイオード(D1のマーキングのもの)が焼ききれた・・・
#この基板は部品選定に問題があるようだ。
#FET2つをON抵抗の小さいものに、スイッチング用ダイオードD1は電流容量の大きなものに変更すると良い様だ。
#試しに、D1を1S3に変更してみると14500でも点灯する。
[ 2012/04/22 23:13 ] 改造 - ライト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中