Ultrafire 502B Cree XML U2 - PIC書き込みの罠 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > 改造 - ライト > Ultrafire 502B Cree XML U2 - PIC書き込みの罠

Ultrafire 502B Cree XML U2 - PIC書き込みの罠

だいたいプログラムができたので、
さあ~て、実機デバッグしようっと・・・

MPLABでPICKit3を使って書き込むと
変なワーニングが出る・・・

PICkit 3 does not support programming this device is both the internal
oscillator and internal MCLR are selected. You may continue programming,
but you are eoncouraged to cancel., reconfigure your device and try again.
Select OK to continue programming or CANCEL to avoid programming.

とりあえず無視!無視!
(これが後でトラブルの元に・・・)

実機で試してみてからイレースしようとすると・・・
あれ?デバイス認識できない・・・
それではイレース・・・
あれ?イレースもできない。
なんで?PIC12F675ってワンタイムROMだっけ??
ワケが分からない?????

よく調べてみると、PICkit2とかPICkit3で内蔵オシレータ(INTOSC)と内部MCLR(MCLRE OFF)
の組み合わせで書き込むと2度と書き込めなくなります。涙)
この組み合わせだと、PICのプログラムが電源ONでいきなり起動して
書き込みモードになれないそうです。
デバイスのばらつきによって消去できる場合もあるようで・・・
私の場合8個中2個は消せた・・・
6個死亡!! orz
#残りの2個も書き込めるだけで正しく動作しないようです。
#I/Oが壊れていますね・・・

変な症状で悩んでいたのは、
ほとんどこれが原因ですね。

#変な症状は無くなりましたが・・・
#モード切替はうまくいきませんね・・・結構難しいです。
[ 2011/12/11 16:00 ] 改造 - ライト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中

カテゴリ