Ultrafire 502B Cree XML U2 - 改造前の予備調査 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > 改造 - ライト > Ultrafire 502B Cree XML U2 - 改造前の予備調査

Ultrafire 502B Cree XML U2 - 改造前の予備調査

なかなか良いライトなのだが点燈パターンが気に入らない。
改造が可能か、まずは予備調査・・・
と言いつつ、PICマイコンとライターを秋月で買ってしまった。
どうなることやら・・・・

まずはdrop‐inモジュールを分解して、コントロール基板を取り出してみましょう。

コントロール基板は半田で固定されていますので、
半田吸い取り線で外周の半田を吸い取ります。
UltraFire_20111128-1.jpg

次にLED側の絶縁シートを剥がします。
#この絶縁シート、厚紙です!^^;
#0.2mm厚のケント紙+両面テープのようですね。
UltraFire_20111128-2.jpg UltraFire_20111128-3.jpg
LED基板が見えました。
CREE-XMLと書かれています。

配線の穴から棒を突っ込んで
コントロール基板を押し出します。

コントロール基板は外周の一部が半田でくっついていて取れにくいので、
場合によっては基板が壊れるかも知れません。

その時は、KaidomainのDIYキットがありますので交換してください。
同等品がどれか自信が無いのですが、
多分コレ「Cree XML T6 5-Mode Circuit Board」ですかね?
基板のパターンと部品は同じようですね。
(プログラムが同等かどうかは、不明です。)
#2012/01/09追記
#購入してみました。
#N-channel FETの型番が異なりました。
#基板は全く同じです。
#そのままXM-L U2に流用はできません。

うまく外れました。
UltraFire_20111128-4.jpg UltraFire_20111128-5.jpg

リバースしてみました。
こちらが回路図です。
UltraFire_20111128-7.jpg

IC1はPICの模造品ですかね。捺印はありません。マイコンによるPWMでLEDをダイレクトに駆動します。
IC2はモード記憶用のシリアルEEPROMのようです。EEPROM内蔵のPICなら外付けは必要ないはずですが、わざわざ別部品にしているのはどうしてなんでしょう?
電源-GND間の33kオームとコンデンサーはスイッチOFFの後もモード記憶のために動作させるための工夫です。
電源断はIC1の4番ピンで検出します。

改造案
・モード記憶は要らないのでEEPROM削除。
・PWMは電源電圧を見ながら明るさが同じになるように自動調整。
・2点燈パターン:400ルーメン点燈、300ルーメン1秒間隔点滅
・マイコンはA/D付きのPIC12F675でどうかな~
・・できれば振動による誤作動が発生しないように。
・・マイコンの異常はWDTで検出。

実作業は年末ですかね~
[ 2011/11/28 00:19 ] 改造 - ライト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中