ツール缶、サドルバッグの中身 - チューブラーの場合 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > 小物・工具 > ツール缶、サドルバッグの中身 - チューブラーの場合

ツール缶、サドルバッグの中身 - チューブラーの場合

チューブラーで持っていく小物って結構難しいですよね。
秋バージョンです。
toolcan_20101026-1.jpg
左上から順に、
・ACOR Tool Can

・TUFO タイヤシーラント エクストリーム 50ml
  パンク修理専用のシーラントです。バルブコアを外して注入します。
・ビニールテープ
  応急修理用
・Miyata Tubelar Tape TTP-1 2m
  プラスチックのコアに2m巻いています。
・イソジン傷薬
・LEZYNE V10 Multi Tool :重量102g
・OUTWET レッグウォーマー GP2
  16度くらいまでこれで平気です。

・ケース
  タイヤパッチのケースを再利用
  右のものが全て入ります。
・絆創膏
・カッターナイフ
  チューブラータイヤの切断に使用
・ピンセット
  チューブラーテープの保護フィルムが
  途中で切れた場合に使用
・竹のへら
  チューブラーテープ剥がし用
・バルブコア回し
  シーラントに付属
・チェーンコネクティングピン
・チェーンコネクター
・Panasonic チューブパッチ EASY PATCH
  不要だけど他人のために・・・
・電池(cr2032)
・バルブコア
  写真に撮るのを忘れました。
  バルブコアをうっかり破損したときの予備です。

それではツール缶に収納してみます。
左上から順に
LEZYNE Multi Tool
イソジン傷薬、小物を詰め込んだケース、TUFO タイヤシーラント
toolcan_20101026-2.jpg

その上に
ビニールテープ、チューブラーテープ
toolcan_20101026-3.jpg

最後にレッグウォーマーを詰め込んで終了
toolcan_20101026-4.jpg

次は、サドルバッグです。左上から順に
toolcan_20101026-5.jpg
・ティッシュ
・パールイズミ ベスト
  ウィンドブレーカでもOKですが、
  季節の変わり目は、後ろがメッシュになったベストがおススメです。
・Rixen Kaul KLICKfix MICRO SHELL
  容量が大きくて使いやすいです。
・アームウォーマー
  これはOUTWETですが、パールイズミのフリースタイプでも
  大きさは変わりません。
・コンチネンタル GIRO
  応急用ですので安いタイヤにしました。
  きっちり畳んでいるので折り目がつきます。
  使用しなくても3年に1回くらい交換が必要でしょう。

最後に空気入れ。
・LEZYNE SWIVEL DRIVE HP 重量121g
フロアーポンプのように使用できます。
toolcan_20101026-6.jpg

クリンチャーの場合と
チューブラーの場合の差分を比較して見ましょう。

クリンチャーの場合
toolcan_20101026-7.jpg
・チューブ
・タイヤレバー
・パークツール エマジェンシー・タイヤ・ブート
・タイヤパッチ
合計99g

チューブラーの場合
toolcan_20101026-8.jpg
・チューブラータイヤ
・チューブラーテープ
・シーラント
・ピンセット
・竹のへら
合計399g

チューブラーの場合はタイヤ分だけ重量増加します。
toolcan_20101026-9.jpg
これだけはどうにもなりません。
お金が余っている方は決戦タイヤを予備にすれば
若干軽くなります。
[ 2010/10/26 22:16 ] 小物・工具 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中