5万アクセス突破 ありがとうございます。 BB30を考える 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > 自転車その他 > 5万アクセス突破 ありがとうございます。 BB30を考える

5万アクセス突破 ありがとうございます。 BB30を考える

このブログは毎日150件以上検索エンジンから
たどり着く人がいます。
その約半分が、メンテナンスに関する検索です。

それだけ、自転車乗りは情報が無くて困っている
ということでしょう。
自転車は数年毎に新しい規格が出てきます。
つまり、標準なんてあるようでどこにもありません。

BB30は最先端テクノロジーであると同時に
進化途中のテクノロジーと考えるべきなのかもしれません。

BB30の異音の原因は?
不良なのか?それともメンテナンス方法に問題あるのか?
BB30の異音を取り上げてたった3日で
2件の検索がありました。
・BB30 ガタ
・bb30 カチッ 異音
何れにしても、マニュアル通りのメンテナンス方法では
性能を保つことが出来ない事は事実のようです。

BBは単純に回転するだけではなく
左右に不均一な力がかかります。
また、右側の駆動側は常に後ろに力が
かかった状態になっています。
そのため、他の回転部分と比較して
ねじれや歪が発生しやすいのです。

BB30は機械的強度をあげるために大口径化を選択したの
ですが、BBの幅は従来どおりの68mmです。
シマノやカンパ方式はBBの外にベアリングがあるので
ベアリングの間隔は約90mmとなり、こちらのほうが
左右の不均一な力によるねじれは小さいかもしれません。

BB30の10年後はどうなっているでしょうか?
それより、私はBB30のまま行くのか?

同じ悩みを持つ皆様に、私のブログが少しでもお役に立てれば幸いです。
[ 2010/08/23 18:47 ] 自転車その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中

カテゴリ