サドル探しの旅(第三回) - 2010/05/22現在 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > インプレ - サドル探しの旅 > サドル探しの旅(第三回) - 2010/05/22現在

サドル探しの旅(第三回) - 2010/05/22現在

トミさんからサドルを借りたので試してみました。
Prologo Scratch Pro NACK 重量202g(実測)
saddle_20100522-4.jpg
良く見るとレールがカーボンですね・・・
肉厚なのに軽いです。
現在使用中のサドルはこれです。
Prologo Nago Evo TR 重量215g (実測)
Prologo_20090924-01.jpg

まずは形状を比較してみます。
Nago Evoはパッドが少なくレース用
Scratch Proはパッドが柔らかいのでロングライド用
の位置づけでしょう。
saddle_20100522-1.jpg saddle_20100522-6.jpg
saddle_20100522-7.jpg saddle_20100522-5.jpg

saddle_20100522-2.jpg saddle_20100522-3.jpg

パッドの厚みが違うだけで形状は全く同じと
言っていいと思います。

さて125km試乗してみた結果は。

[傾斜 0度 - 中央部分]
・若干の尿道圧迫あり
・摩擦による皮向けあり
・100km以上で坐骨がサドルに当たる部分が痛くなる。
・平地走行、登坂中どちらでも痛みは同じ。
・どちらの痛みも血流阻害によるものと思われる。

[傾斜 前下がり2.3度 - 中央部分]
・尿道圧迫なし
・摩擦による皮向けあり
・痛みは0度とほとんど同じ。

Nago Evoはパッドが少ないので坐骨が当たり
走行初期から痛みがあります。
ただし、長時間走行しても痛みは
それほど広がりません。(Scratch Pro 相対比較)

Scratch Proはパッドが柔らかい分
走行初期は痛みを感じませんが、
坐骨周辺が広く血流阻害され広範囲に痛くなります。
痛くなり始めると、痛みが広がっていきます。

Scratch Proの痛みの種類は
フィジークのアリオネに似ています。
どちらもパッドの柔らかさが逆効果となっています。

せっかく借りたのに残念ですが私のお尻には
合わないようです。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中

カテゴリ