チェーンリング交換 50T→48T (その4) フロントディレーラの再調整 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > メンテ - チェーンリング、スプロケット > チェーンリング交換 50T→48T (その4) フロントディレーラの再調整

チェーンリング交換 50T→48T (その4) フロントディレーラの再調整

その2でフロントディレーラとギアのクリアランスを1mmに調整しましたが、
小ギアから大ギアに変速する時の摩擦抵抗が大きくなってしまいました。

小ギアから大ギアに変速する時に、
大ギアはチェーンをひっかけて持ち上げます。
そのため大ギアの裏側とディレーラー内側のガイドプレートは
チェーンをひっかけやすい複雑な構造になっています。
チェーンが押しつけられる位置が適切でないと
摩擦ばかり大きくなって変速できません。

マニュアルではクリアランスが1mm~3mmとなっていますが、
クリアランスを小さくする方が良いってわけではなく
ちょうど真ん中の2mmくらいが良さそうです。

長い歯で2.4mmに再調整しました。
frontbrake_20100518-1.jpg
変速がスムーズになりました。

ググルキーワード
・ご使用方法 FD-6600 filetype:pdf
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中