中華カーボン 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > カテゴリー - 中華カーボン

カーボンハンドルのカットサンプル

中華カーボンハンドルをカットしてみました。

上はSFIDA、下はHylix
CarbonCut_20170812-07.jpg
どちらかといえばSFIDAの方がましですが
いずれもハンドルを規定トルクで取り付けて
メシメシとハンドルがめり込みました。
不思議なことにどちらのハンドルも微妙に左右対称ではないのですが
ズレ具合がほぼ同じ。。。同じ型を使用しているのでしょうか。。。

左がHylix、右がSFIDA
CarbonCut_20170812-08.jpg
Hylixの厚みのばらつきはひどいですね。

左がHylix、右がSFIDA
CarbonCut_20170812-09.jpg
Hylixはカーボンがめくれています。

反対側から見た写真
左がSFIDA、右がHylix
CarbonCut_20170812-10.jpg
Hylixは明らかに1層浮き上がって空気が入っていますね。

左がSFIDA、右がHylix
CarbonCut_20170812-11.jpg
この部分は概ね同じでしょうか。

左がSFIDA、右がHylix
CarbonCut_20170812-12.jpg
Hylixの厚みのばらつきはひどいですね。

同じ中華といってもこのくらい差があるという見本です。
良・不良を見分ける方法ですが、私はつめではじいて確認します。
カキンカキンと金属音がするものは比較的良好。
ボコンボコンと低い音がするものはカーボンの密度が低いです。
備長炭を叩くと金属音がするのと同様にカーボンの密度が高いと金属のような音がします。
[ 2017/09/06 20:19 ] 中華カーボン | TB(0) | CM(0)

カーボンフォークのカットサンプル

手元にあったフォークとハンドルをカットしてみました。

Cannondale SystemSix フロントフォーク
CarbonCut_20170812-01.jpg CarbonCut_20170812-02.jpg
5箇所でカット。ん?中からバルーンのねじれたゴミが出てきました。
メーカー製でも所詮こんなもんです。

フォーク部分のカーボンは均一です。
CarbonCut_20170812-03.jpg

コラム部分は中に白い筋が見えます。
CarbonCut_20170812-05.jpg CarbonCut_20170812-06.jpg
左右方向と前後方向で厚みが異なります。これは意図して変えてあるのかもしれません。
しかし薄い部分が微妙にずれて左右対称になっていません。
いまいちですね。
メーカー製だから安心?なんて幻想です。
[ 2017/09/06 20:12 ] 中華カーボン | TB(0) | CM(2)

自転車 カーボンフレームの補修

昨年、坂で転倒して胸骨の圧迫骨折をしたときに
フレームのシートステーも激しく打ち付けて穴が開く重症。
とりあえずレジンで穴埋めをしたが、強度的に問題があるので
補修することにした。

こちらが穴埋めしたシートステー
CarbonRepairing_20170507-01.jpg CarbonRepairing_20170507-02.jpg
補修箇所以外はマスキングテープにて保護。

補修箇所をヤスリがけ。
CarbonRepairing_20170507-03.jpg
60番のヤスリを使用。
塗装が何層にもなっているので等高線のように見えます。
この模様を頼りに塗装を剥離します。

紙で型をとります。
CarbonRepairing_20170507-04.jpg
とりあえず3巻きで補修することにしました。

【#200 カーボンクロス 平織り】1m×50cm  FRP成型 補修
CarbonRepairing_20170507-05.jpg CarbonRepairing_20170507-06.jpg
カーボンシートにほつれ止めのマスキングテープを張って切り出し。
アロンアルファにて軽くほつれ止め。

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 シリコンオフ
CarbonRepairing_20170507-07.jpg
補修箇所を脱脂

ブレニー技研 ジーナス カーボンクロス用エポキシ樹脂 GM-6800-120
CarbonRepairing_20170507-08.jpg
主剤40g+硬化剤12gを電子天秤にて正確に計量。

アズワン パソリナミニスターラーCT-MINI /2-4990-01
CarbonRepairing_20170507-09.jpg
化学実験用攪拌器にてよく混ぜます。
磁石の撹拌棒をしたの装置にて回して撹拌します。
泡立ちなく撹拌できるので便利です。

途中の写真がないですが、
厚手のポリ袋の上にカーボンシートを乗せて、
筆でエポキシ樹脂を塗ります。
フレーム側にも樹脂を塗って、
カーボンシートを巻きつけます。

その上からビニールテープを巻きます。
CarbonRepairing_20170507-10.jpg
余分な樹脂が押し出されて薄く仕上がります。

この上から使い捨てカイロを巻いて暖めます。
CarbonRepairing_20170507-11.jpg
このまま24時間放置

24時間後完全に硬化しています。
CarbonRepairing_20170507-12.jpg
表面はカーボンの目に沿ってでこぼこになっています。

3重巻きになっていますので一重分
削り取る気持ちで表面を平に仕上げます。
CarbonRepairing_20170507-13.jpg
3重巻きで直径約1mmの増加です。

マスキングテープの上にエポキシが固まっていました。
エポキシのはみ出しもあります。
CarbonRepairing_20170507-14.jpg
カッターナイフでマスキングテープと
はみ出したエポキシを削り取りました。

右側シートステーを塗装します。
軽くヤスリがけします。
染めQ プライマー スプレー ミッチャクロン マルチ
CarbonRepairing_20170507-15.jpg
下地としてミッチャクロンを軽く塗ります。
1時間乾燥させます。

この上に仕上げとしてウレタン塗装します。
SOFT99 ( ソフト99 ) ペイント ボデーペン ウレタンクリアー
CarbonRepairing_20170507-16.jpg CarbonRepairing_20170507-17.jpg
初めてにしてはいい出来です。
表面の仕上がりはヤスリがけの根気しだい。
きれいにヤスリがけすれば仕上がりもきれいになります。

カーボン補修は初めてでしたが意外と簡単でした。
[ 2017/05/07 20:08 ] 中華カーボン | TB(0) | CM(2)

シクロクロス 2ndシーズン始動 - これなーんだ

会社から帰ると、どでかい箱が、
ドーン
Cycro_20170406-1.jpg
これなーんだ?

箱には怪しげな中国語とEMSの文字

早くもシクロクロス 2ndシーズン始動です。
[ 2017/04/06 23:56 ] 中華カーボン | TB(0) | CM(0)

中華カーボン・シリーズ - カーボンハンドル編

中華カーボン・シリーズのハンドル編です。
<=っていつの間にシリーズになったの?

最近郵便屋さんに「水濡れであて先が読めなくなった
アメリカからの小包があるのですがオタクのじゃないですか?」
<=ってどんなアバウトな質問やねん!

って聞かれてなんでそんな変な質問するのかと思ったら、
海外からよく物が届くのってこちらしかないんですよね~
<=ってどんだけ海外通販しとるねん!

いや正直多いと思います。でもアメリカからはゼロです。
ほとんど中華ですので!(爆

はい、落ちが出たところで本題です。

郵便屋さん>こんにちは~。こんな形の荷物は始めてみました。
カミ>多分自転車の部品でしょう。
Hylix_20160822-01.jpg

はい、正解!さすがカミサン良く分かってます。
プチプチ包装のハンドルです。
Hylix_20160822-02.jpg

それでは取り出して重量測定。
Hylix Ultra Light ERGONOVA Full Carbon Compact Road bike Handle bar
ebayで購入
重量:192g
Hylix_20160822-03.jpg
さすがカーボン軽いですね。

滑り止めのざらざら加工付き。
Hylix_20160822-05.jpg Hylix_20160822-06.jpg
Hylix_20160822-07.jpg Hylix_20160822-08.jpg

ん?このカラーリングはもしかして太郎印?ですか?
Hylix_20160822-09.jpg
しかもERGONOVAって商標まるパクリやん!

まいっか。<=ってどこがいいんじゃー

ではアンカーRS9に取り付けます。
Hylix_20160822-10.jpg

トルクレンチでしめつけ・・・
規定トルクは8N

メシっ!
え”!

いや気のせいだよねまだ5Nだし!
では気のせいということでもう一度。

メリメリメリっ!
うわー絶対コレはずれやん!

指で弾くと
ボコン、ボコンって低い音がします。
<=あれ?カーボンハンドルってもっと硬い音しない?

厚みを計ってみました。
Hylix_20160822-11.jpg Hylix_20160822-04.jpg
いっ1.5mm?
<=これ薄すぎない?しかも厚みが一定でない。

いや~こういう外観コピー商品はだめですね~
男は潔くノーブランド、真っ黒カーボンにしましょう。
<=ってそこじゃないだろ!
[ 2016/08/23 12:00 ] 中華カーボン | TB(0) | CM(0)
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中

カテゴリ