未分類 自転車けんちゃん

大学サークルで自転車に魅せられて30年以上たちました。 いまだにロングライドと言えば日の出から日の入りまで 走っています。

ホーム > カテゴリー - 未分類

今日なるしまフレンドで中学生のお子様のホイールを捜していたおとうさんへ

今日なるしまフレンドで中学生のお子様のホイールを捜していたおとうさんへ

子供にロードをおねだりされたお父さんに
話しかけられることがたまにあります。
高校生や中学生にはとても高価な機材ですので
みなさん躊躇すると思います。

50才越えた私でも妻の了承なく買えない値段です。
簡単に買ってあげたとしてもすぐに飽きてしまうかも知れません。
私の友人でも10年を越えてロードに乗り続けているのは稀です。

でもメリットもあります。
もしお子様がスポーツがあまり得意じゃないとしたら
これはチャンスです。自転車で走って鍛えた精神と肉体は
受験のときの我慢強さにも役立ちます。
それだけではなく自転車は一生できるスポーツです。

そこで私から提案です。
ロードに10年も乗っていると使わない部品やホイールを持っています。
もし、お子様が私の所属しているチームに入って
毎週私と一緒に和田峠に足をつかずに上るのなら
喜んで余っている機材を提供します。
まずは私のチームで一緒に8週間、毎週週末に和田峠に行かせて見ては
いかがでしょうか。もし8週間足をつかずに和田峠に登れたら
使っていないホイールを提供します。
お子様と話し合って、もしお子様が本気で自転車競技をしたい
のであれば歓迎します。
提供する機材はトレーニングに使用しつづけることが条件です。

お父様にお願いしたいのは、
走りにいくときの食費をもたせてください。
年一回の富士ヒルクライムの参加(なにか目標が必要です。)
帰ってから子供自身が必ず自転車を洗車して室内保管させてください。
走行マナーやメンテナンスは経験者と一緒の方が覚えやすいです これは重要な点です。チームでサポートします。
ウェアは安いものでいいので自転車用をお勧めします。
自転車保険には必ず加入してください。事故の場合、自動車と同じ扱いになり対人の場合は自転車側に全ての責任が発生します。

もしこの提案にご興味がありましたらコメントをください。
[ 2017/05/28 22:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

サドル探しの旅(第八回)in 和田峠

なるしまフレンド立川店でスペシャライズドの
テストサドルを借りて和田峠。

スペシャライズド Power Expert
wada_20170528-1.jpg wada_20170528-2.jpg
形状はプロロゴのように馬の鞍のような形。
先端は若干短く、
真ん中は尿道を圧迫しないように割れている。
サドルの横幅は今まで使ったことのあるサドルの中で最大。
パッドは普通。やわらかくなく、硬くなく。

この形状は私にはあっているようだ、
傾斜ほぼ0でも尿道の圧迫無し。坐骨も痛くない。
登坂中にダンシングとシッティングを頻繁に
切り替えるてもレーパンにサドルの先端が
引っかからない。
短い割には前乗り・後ろ乗り両方できる。

と調子いいぞっと登ったら

自己記録更新!!
1.2017/05/28 22:08
2.2015/10/18 22:15
3.2016/11/20 22:21
4.2017/5/20 22:20
うれしいです!
背中に外したサドルを入れたリュックがなければ
22分を切っていたかも!おしい!

峠の直前で足をつったSMPサドルの人と
話をしたのですが、
和田峠はなれないと足がつります。
これカルシウム+マグネシウムのサプリのめば効果あります。
自転車用もありますがDHCとかの一般のサプリで十分です
もちろん私は32Tを着けてるので足つるはずもなく
ダメなときはゆっくりです。
STRAVAをやっているとのことですので
今度インストールをしておきます。
また和田峠で楽しい話をしましょう。
[ 2017/05/28 22:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

チーム対抗Zwiftエンデューロレース in B-SPACE

今日は雨かつ花粉の季節。
こんな日にはインドアレースZwiftです!
テッシー君のミラクル引きの強さで、
参加権を取得。

テッシー君、会長、ヒロシさん、私の
4人にてチーム参加。
会長試乗中。

豪華参加賞あり!中村選手とクリステルさんのMCありと至れり尽くせり。
Zwift_20170409-5.jpg

それではレポ開始です。

13:00に雨の振る中B-SPACEに集合。
Zwift_20170409-1.jpg

雑誌の記者さんも来ていて会長にインタビュー
あろうことか、会長はシモーネロゴの由来を説明。
<=や~め~て~
絶対記事にはなりませんし、
シモーネシャツはきっと黒塗りにされるか
居たこと自体が抹消されるに違いない。

3チーム各4人のチーム構成で、1時間の距離を争うエンデューロレース。
会長試走の図
Zwift_20170409-4.jpg

15分づづ走れば丁度4人でゴールだよね~とスタート

私が中央、左は女性、右は・・・プロレスラー!
後ろからはチームメンバーの激が飛び、
MCからコメントをお願いされ・・・
息が苦しくてコメントできません。

どんなに引き離しても真横に相手選手がいる。
しかも、相手は真横なので後ろから追いつかれるときの圧迫感が
真横から来るという精神的なプレッシャー。

この状況で心拍数なんか考える暇もなくMAX 175BPM
こんな心拍数を開始から数分であげると苦しい~
気がついたら抜かれてる~

とまぁ15分なんか持つはずもなくヒロシさんに交代。
Zwift_20170409-2.jpg
じつは、ココから先は上り坂。
<=平地しか走っていない自分

登りになるとグッと重くなってなかなか進まなくなる。
傾斜と負荷が連携しているので臨場感抜群。
<=自分はほとんど平地だったが
遅くなると画面でバーチャル蝶が横を飛びます。

この後は、クライマーの会長を後ろからあおり、
小径車爆速のテッシー君をあおり、
ママチャリグランプリのヒロシさんをあおり
<=失礼!あおったんではなく暖かい声援です。

結果2位!
1位のチームは450Wだしまくりで後半すごかったです。

太っ腹のスポンサー様の景品を頂きました。
Zwift_20170409-3.jpg
ZWIFTさんからはTシャツ。
ニッスイさんからは元気になるサプリメントACTIVE CONDITION。
DHAとQ10のダブルの力で「ラストに驚きのパフォーマンスを」!
<=これを飲めば、50才越えた私でも驚きの夜の持続力!

お後がよろしいようで。
[ 2017/04/09 22:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

湘南シクロクロス第5戦 平塚河川敷 - 2017/03/12

胸骨の圧迫骨折が回復して久しぶりのレース。
試走はかなり良い感じだった。

平塚河川敷はうわさどおりのど平坦だけど
Shounan_20170312-1.jpg
苦手部分がある。

一つ目はシケインのハードル。
ジャンプのときに自転車の持ち方が悪くて
手首を捻挫!

二つ目は4連ジャンプ。
Shounan_20170312-2.jpg
直前のC4で前転している人がいたのでビビリまくり。
バニーホップは出来そうに無いので
前輪だけ浮かして後輪はバッコンバッコン
リム打ちしまくり。
かつ捻挫した手首が痛い

三つ目はところどころにある石の段差。
周回を重ねるごとに前輪の持ち上げが
浅くなってリム打ちしまくり!

5:10<=へろへろ最後尾走行
5:02<=ここで手首捻挫
5:01<=この辺で会長と入れ替わり?
5:02<=ここでへたれ
4:59<=ちぎれて
5:06<=最後頑張れず・・・

とまぁ安定したペースでゴール。

手首の捻挫は、
シケインで手首を使って自転車を持ち上げて2周目で捻挫。
そのあとはおばちゃんの買い物のときのように
腕でお持ち上げ。
自転車の持ち方にも定石あり!

今年はこれでシーズン終了ですが、
もう少し上手になりたいなぁ

来年に向けての課題は
1.まずは飛び降り飛び乗りが上手くなること
2.重いギアでトルクをかけて走れるようになる
3.普段出来ないことをレースでやらない!けがしない!
<=コレ重要
今度怪我したら自転車捨てるぞ!ってカミさんに2回言われた。
[ 2017/03/18 20:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

シクロクロス東京2017 - CL1・男子エリート

今日のベストショット。
トップクラスの選手は体幹を猫のように弓なりにしてしならせ、
砂をものともせずに駆け抜けていく。
驚くことに周回を重ねるごとに砂に乗ってスピードが増していく。

CL1で優勝したルーシー・シャイネル(CROSS TEAM by G4)
フランスの選手
CyclocrossTokyo_20170212-1.jpg
女子で唯一砂地獄を乗車で駆け抜ける。
2位は見えないくらい後方。

男子エリート優勝のスティーブ・シャイネル(CROSS TEAM by G4)
フランスの選手
CyclocrossTokyo_20170212-3.jpg
蛍光グリーンのホイールから砂煙を上げて駆け抜ける。
この選手もぶっちぎりの速さで後方選手が見えないくらいに引き離している。

2位ジェレミー・パワーズ(ASPIRE RACING)
アメリカの選手
CyclocrossTokyo_20170212-5.jpg
昨年の優勝選手
今年もシケインで華麗なるバニーホップを見せてくれました

日本の選手も健闘していました。
竹之内 悠(Toyo Frame)3位
CyclocrossTokyo_20170212-2.jpg
2位は何度も順位が入れ替わるデッドヒートを繰り広げていました。
すばらしい試合で盛り上がりました。
[ 2017/02/12 20:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

シクロクロス東京2017 - DNS

今日の一枚。
砂地獄たのしそ~。
CyclocrossTokyo_20170211.jpg 私のほうはというと先週落車でDNS。
結構痛いので月曜に医者に行くと・・・
医者>ばっちり写ってますね圧迫骨折してます。直るのに5週間かかります。

ええ”っ!ちょこっとこけただけなのにぃ。
外傷なし、打ち身なし、なのに自分の背骨同士が喧嘩して
一方が負けて角がぐしゃっと歪んでました。
神経に影響が無かったのが幸い。

早く直らないかなぁ~
[ 2017/02/11 18:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ダンスバトルin尾根幹 - 2016/01/17

朝から会長と小山田周回で練習。
dance_20160117-1.jpg

今日は絶好調なので
途中で会長がダンシングで登っていくのを追いかけてみた。
おかしい、足の回転が僕の倍速で回っている。
dance_20160117-2.jpg
これが今はやりのロボットダンスか!


小山田周回を全力で(僕だけ)2周回って帰る途中。


前方に軽やかなダンシングで登っていく若者が2人。
(画像はWebから頂きました。)
dance_20160117-3.jpg


会長が何を思ったのか坂でダンシングバトルを仕掛ける。
(こちらの画像もWebから頂きました。)
dance_20160117-4.jpg
ナイトフィーバー2倍速ケイデンスダンシングで
坂の真ん中辺りで若者を追い抜く会長。


その後をソウルダンスで追う若者。


坂の上まで体幹のぶれなくダンシングしていた。
すごいぞ会長。ぶっちぎりのダンシングの速さだ。
僕もダンシングの練習しなくっちゃ。
[ 2016/01/17 19:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

レーサー光と影 - 違法ドーピングは怖い

今年は年始に前から見たかった映画を借りた
「レーサー光と影」
Racer_20150101-2.jpg
これは事実に基づく物語だ。

チームのエースの孤独と精神的苦悩。
それに加えてドーピング。

ワールドカップに出てくる20%オーバーの壁はすごい。
これをまともに登っているところが撮影されている。
クライマーなら一度は見てほしい。

登っているときの息の苦しさより
薬物副作用による苦しみが見るに耐えない。
薬物ってこんなに怖いんだって痛感する。

それよりもっと怖いのは検査逃れに取った方法だ
ドーピング検査官は予告せずに突然やってくる
薬物注射の直後にいきなりやってきた
検査に合格する為に取った方法は・・・・


ここから先はDVDを見てください。


違法ドーピングって怖いなって思った後に、
でもドーピングすれば20%の坂を登れるのか?
って別の欲望がわいて来る。
50才を越えたオヤジにも野望はある。

そんなギラギラのあなたには、「合法ドーピング!」
クレアチン+アルギニン+カゼインプロテイン
Racer_20150101-1.jpg
会長に怪しい白い粉って言われている例の物だ。

これを飲んでトレーニングすると
筋肥大・持久力増強抜群。
信じるか信じないかはあなたしだい!
[ 2016/01/01 21:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

フリーが同じサイズのホイールでギアの位置が合わない

フリーが同じサイズのはずの2つのホイールで
ギアの位置が0.3mmずれる謎の症状に悩まされる。

某自転車屋に相談したところ
NOVATECの1.85mm 10速化スペーサ2つと
カンパMAVIC用0.3mmスペーサが送られてきた。
NOVATEC_1_85.jpg

両方のフリーに付いている1.85mmスペーサを
NOVATEC 1.85mmスペーサに交換するとぴったり位置が合うようになった。
0.3mmスペーサは使用せず。

ちなみに、外したスペーサは一方はシマノ、もう一方はノーブランド
どちらの厚みもぴったり1.85mmである。

うーん、なんで直ったの?
[ 2015/12/08 20:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

第12回Mt.富士ヒルクライム - 2015/06/14

膝の調子もぼちぼち。
そろそろヒルクライムできそうだ。

小雨が降る中の集合。
fuji_20150614-01.jpg
15組だったので1組から2時間待ち。
なげー

待っているうちに雨が上がってヒルクラ日和。
fuji_20150614-02.jpg

スタート!
fuji_20150614-03.jpg
っとこの時点で行ったはずのトイレにもう一度行きたく・・・

トイレトイレ・・
fuji_20150614-04.jpg
しかも足がだるくて回らん!

一合目休憩所。
fuji_20150614-06.jpg
アドレナリンのためか、
この時点ではトイレを忘れていた。

なぜか過ぎた辺りから
fuji_20150614-07.jpg
トイレトイレ・・・

2合目で休憩。
fuji_20150614-08.jpg
ふぃ~

やっと調子が出てきた
fuji_20150614-09.jpg
fuji_20150614-10.jpg
fuji_20150614-11.jpg

はい。ゴール。
fuji_20150614-12.jpg

このあと下山してからすきっ腹のまま駐車場まで登るのが一番つらかった・・・
fuji_20150614-13.jpg

あれ?会長が全然出てこないって?
そーなんです。
会長は5組、僕は15組、
時間差がありすぎて別行動でした。
[ 2015/06/14 23:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

けんちゃん

Author:けんちゃん
東京在住、和歌山生まれ
自称、和田峠ニスト
中華カーボンと手組みホイールでシクロクロス参戦中